障害のある人の援助技法に関係する本

次郎おじさんの専門、障害のある人の「援助技法」に関係する本を紹介します。
ただし、自閉症の援助技法については「自閉症に関係する本」のコーナーをご覧ください。

◆思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33

(2015/09/26)
土井髙徳/小学館新書/2014.2/¥700+税
 題名からもわかるように、直接は障害のある人の支援技法に関する本ではありませんが、内容的には非常に役立つものと思いますので、このコーナーに収納します。

◆自閉症・発達障害の人と伝えあおう、わかりあおう

(2013/08/08)
奥平綾子/エスコアール/2013.8/¥1,050
「筆談コミュニケーション法」開発者である「㈱おめめどう」の奥平綾子さんが書かれた「筆談コミュニケーション法」の解説書です。自閉症児・者支援にかかわるものにとっては必読の書です。

◆発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ

(2010/11/16)
小笠原恵/中央法規/2010.4/¥2,100

コメント準備中!

◆応用行動分析から学ぶ子ども観察力&支援力養成ガイド

(2010/11/15)
平澤紀子/学研/2010.8/¥1,575

「実践障害児教育」の2009年4月号から翌年の3月号まで連載された「子ども観察力&支援力養成講座」をまとめられた本です。応用行動分析法の応用のための教則本とでもいうべき内容ですが、読みこなすには、ちょっと力量がいりそうです。

◆発達障がいABAファーストブック

(2010/11/03)
上村裕章・吉野智富美/学苑社/2010.10/¥1,890

第1部「ABA(応用行動分析)ってなんだろう?」、第2部「ABA体験記」、第3部「ABAサポートツール」から構成されていますが、ABAの基本を理解したい方には、第1部はもってこいだと思います。

◆行動分析学マネジメント -人と組織を変える方法論-

(2008/12/01)
舞田竜宣、杉田尚子/日本経済新聞出版社/2008.12/¥1,890

ビジネス本ですが、行動分析学の「いろは」が理解できます。

◆家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46

(2008/10/16)
井上雅彦編/学習研究社/2008.10/¥1,890

◆おかあさん☆おとうさんのための行動科学

(2008/09/01)
石田淳/フォレスト出版/2008.9/¥1,260

しつけの指南書の体裁ですが、中味はまさに行動変容の極意が満載です。

◆発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール -ポジティブに行こう!-

(2006/08/01)
武蔵博文、高畑庄像/エンパワーメント研究所/2006.8/¥1,890

◆自閉症児と絵カードでコミュニケーション PECSとAAC

(2006/07/01)
アンディ・ボンディ、ロリ・フロスト著・園山繁樹、竹内康二訳/ニ弊社/2006.7/¥2,100

PECS(Picture Exchange Communication System)についての解説書です。後半の訳がややこなれていない印象を受けますが、内容は充実しています。平行して応用行動分析学の学習をされると、一層よく理解できると思います。次郎おじさんとしては、わが国の福祉・教育のカリキュラムにもっときちんと応用行動分析学の授業を位置づけてほしいと思います。

ご意見・ご希望・お問い合わせはこちらから
メールマガジン 水曜倶楽部通信

最新号はこちらから

電子メールアドレス(半角)
次郎おじさんのブログ ゆうてもた。水曜倶楽部 オフ会 リンク お問合せ