おすすめの論文

このコーナーでは、いろんな雑誌に掲載されたきらりと光る論文を紹介します。
中には手に入りにくいものもありますので、どうしても読みたい方は、ご一報ください。

◆ほっと人間考

(2010/06/06)
中川信子/発達教育/1997.4~

それまでは「ことばの窓から」という題で連載されていましたが、1997年4月から、「ほっと人間考」と改題されて、ずっと続いている中川信子さん(現・狛江市発達教室“ぱる”言語聴覚士)による珠玉のエッセーです。

◆新・真 障害者福祉サービス 利用者本位サービスの実現に向けて

(2002/04/30)
久田則夫/月刊福祉/2000.6~2002.4

龍谷大学(当時)の久田則夫さんによる、社会福祉施設の職員のあるべき姿について熱く語られた好論文。社会福祉基礎構造改革後も生き残りたい人には、必読の論文。

◆北米における権利擁護とサービスの質に関するシステム

(2002/03/31)
北野誠一/ノーマライゼーション/1999.3~2002.3

偶然出会った論文ですが、中味は濃厚。桃山学院大学(当時)の北野誠一さんによるアメリカとカナダの障害者の権利擁護の今が丁寧に説明されています。障害者福祉に携わる者には必読です。(この1年前には、定藤丈弘さんが北欧のシステムを紹介されているとか。残念ながら手に入れていないので読んでいません。)

◆発達障害児・者の理解と援助

(2002/03/31)
吉野邦夫他/AIGO/2001.4~2002.3

知的障害という紛れもない発達障害のある人々の援助にかかわっていながらも、「発達障害」の意味さえ知らない初(うぶ)(?)な施設職員には、必読の論文です。ただし、解説してくれるよき先輩がいないと、独学ではちょっとマスターは困難かも…。そういう人は水曜倶楽部にSOSを!

◆自閉症・者の暮らしを創る-TEACCHの視点から-

(2002/03/31)
坂井聡/実践障害児教育/2001.4~2002.3

2000年度に連載された「自閉症療育ワンポイント」の続編です。TEACCHプログラムによる養護学校での実践例ですが、知的障害者施設等への応用は、十分に可能です。

◆あらたな時代にむかって

(2002/03/31)
松友了/発達教育/2001.4~2002.3

社会福祉基礎構造改革に代表されるように、今、日本の福祉制度は大戦後以来初めての大きな分岐点に差し掛かっています。この業界にいるとなんとなくわかったような気持ちになっている人が多いと思いますが、あらたな時代がどうなるのか、この連載を読んで知識を整理しておきましょう。

◆行動問題の理解と包括的な支援

(2002/03/31)
藤原義博他/実践障害児教育/2001.4~2002.3

シリーズの表題は「講座/自閉症:行動問題の理解と包括的な支援」となっており、自閉症児への対処法がテーマのように思われるかもしれませんが、内容は「応用行動分析学」を基礎とした発達障害児への対応法といったほうが適切かもしれません。「子ども」を「利用者」に置き換えれば、そのまま知的障害者施設などで働いている職員にも有用なものばかりで、自閉症に限らず発達障害のある人々の援助に携わっている人にお勧めの内容です。

◆入所施設の役割は何ですか

(2001/08/31)
日本知的障害者施設協会更生施設部会他/AIGO/2001.8.22-43.

副題は「入所施設作ること、本当に止めますか?」です。私は、国も日本知的障害者施設協会も本気だとは思われません。皆さんはどう思われますか?

◆アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害をもつ子どもへの援助

(2001/06/06)
杉山登志郎/発達/2001.85.46-67.

「発達(85)」の特集2「アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害を持つ子どもへの支援」に掲載されている杉山登志郎さんの論文です。いわゆる高機能広汎性発達障害の子ども達が障害児・者施設を利用されることは極めて稀だと思われますが、この論文で杉山さんもご指摘されているように、「自閉症の窓」という高機能広汎性発達障害に関する知見は、我々にも十分有用だと思います。別に紹介した論文とともに「発達」85号(ミネルヴァ書房,¥1,260)に掲載されています。自閉症に関心のある方には、必読の論文です。

◆自閉症の新たな課題

(2001/06/06)
杉山登志郎/発達/2001.85.2-10.

雑誌「発達」85号の特集「自閉症療育の新たな可能性」のトップの論文です。杉山登志郎さんは水曜倶楽部ではもうお馴染みですので、紹介する必要はないと思いますが、これまで水曜倶楽部学習会などで勉強してきた最近の自閉症に関する知見と今後の課題について、コンパクトにまとめられた優れた論文です。別に紹介する論文とともに「発達」85号(ミネルヴァ書房,¥1,260)に掲載されています。自閉症に関心のある方には、必読の論文です。

ご意見・ご希望・お問い合わせはこちらから
メールマガジン 水曜倶楽部通信

最新号はこちらから

電子メールアドレス(半角)
次郎おじさんのブログ ゆうてもた。水曜倶楽部 オフ会 リンク お問合せ