• >
  • スキルアップ出前講座

スキルアップ出前講座

水曜倶楽部では、皆さんのスキルアップをお手伝いするために、出前講座を開設しました。
日時と場所の調整ができさえすれば、次郎おじさんが出張いたします。

スキルアップ出前講座とは

水曜倶楽部では、「水曜倶楽部瓦版」や「水曜倶楽部通信」だけではお伝えできない情報をお伝えするために、水曜倶楽部の下部組織として、2000年1月26日に「援助技法研究会」を発足させました。

その目的は、主として知的障害児・者の援助に関わるマンパワーの養成に、水曜倶楽部として少しでも貢献することでした。そのために、水曜倶楽部が提供できるものをいくつかのコースにわけて設定しました。

とは言うものの、現実には次郎おじさんがどこかで行った講演や講義で使ったレジメや資料を提供する程度でしたので、その効果は乏しく、注文も数えるほどでした。

そこで今回、ホームページを一新するにあたり、資料提供ではなく、次郎おじさんが直接出向く「出前講座」を開設することといたしました。

1講座の所要時間は、概ね90分から120分とお考えください。

開催日時や場所、およびその他諸々の条件が合えば、仲間同士での勉強会や職場での研修会、ケース検討会へ出張いたしますので、お気軽にご相談ください。

なお、当面は「援助技法研究会」のメニューをそのまま踏襲いたしますが、これもおいおいリニューアルいたしますので、ご期待ください。

ご注文は

お問合せフォームよりお申し込み下さい。

メニュー

0001

障害者の福祉 国際障害者年以来、我が国の障害児・者福祉の理念は大変革をとげ、今なお変化し続けています。福祉実践は理念ではダメという人がいますが、逆に理念なき実践は危険極まりないものとなるでしょう。障害者福祉の最新の理念を学んでおく必要があります。
0002 障害の理解 初めて障害を持つ人々の療育に携わる人に、「障害」とはどのような状態をいうのか、さらには援助の基本について情報提供します。
0003 発達(障害)の理解 知的障害児・者を援助する者にとって「発達」を理解することは最初の一歩です。であるのにこのことが蔑(ないがし)ろにされているのがこの世界だと思いませんか。恥ずかしくはありません。もう一度「発達」とその遅れの意味を学び直しましょう。
0004 発達検査:施行と活用 各種の発達検査の成り立ちと施行法、応用法を学びましょう。特に、新版K式発達検査については、施行法をマスターすることと、この検査の知的障害児・者への応用までを伝授します。
0005 知能検査:施行と活用 ビネータイプとウェクスラータイプの知能検査の成り立ちと施行法、応用例について学びましょう。あわせて、児童相談所や知的障害者更生相談所の判定書の解読方法についても説明します。
0006 個別援助プログラム 「これからの障害児・者の援助は『個別援助』とよく聞くけれど、個別援助ってどんなもの?」ということはありませんか。個別援助の基本的な考え方、実施方法について学びましょう。
0007 療育技法の知識 知的障害児・者の施設現場でも様々な療法が取り入れられています。しかし、「○○療法」といっても意外と中味は知らないということはありませんか。施設職員の基礎知識として、各種の療法についての知識を整理し、できれば得意な療法を一つでいいから習得したいものです。
0008 行動療法の理論と実際 いろんなところで話題になるわりに、誤解も多いのが行動療法だと思います。行動療法は学習心理学の知見を応用した科学的な心理療法です。まず、行動療法の理論を学び、様々な事例を通して具体的技法を学びます。
0009 マカトン法の理論と実際 話し言葉がないとコミュニケ-ションができないと思い込んでいませんか。マカトン法は優れたサイン言語で、重い知的障害を持つ人々のコミュニケーションの発達を促します。
0010 自閉症の理解 「自閉症」とはどのような障害なのでしょうか。ここ数年で、自閉症についての研究は急速に進み、その本態はかなり解明されてきました。最新の知見を学び、自閉症児・者への療育方法を再考する時が来ています。
0011 TEACCHの理論と実際 今や自閉症へのアプローチ方法の決定版とも言えるTEACCH。しかし、単なる構造化の手法だけが一人歩きし、必ずしも正しく応用されているとはいえません。TEACCHの具体的技法よりまず「理念」を正しく理解することから始め、療育現場への応用を目指します。
0012 障害者のデイサービス 障害者のデイサービスは、通所の措置施設や高齢者のデイサービスとはやや趣が異なっているのですが、なかなか正しく理解されていないようです。障害者デイサービスと通所の措置施設との違いを明らかにしつつ、実施のノウハウを伝えます。そして、今後の役割について考えたいと思います。
0013 重症心身障害者の介助技法 重症心身障害の方々も在宅で通所の施設を利用される時代になりました。ただ、障害の重さゆえ、介護者を多く必要とし、ボランティアさんなどの助けを借りることも多いのが現状でしょう。しかし、またまた障害の重さゆえ、介護するにも若干の知識が求められます。重症心身障害を持つ人々の身辺処理や移動、食事介助のハウツーを伝授します。
0014 障害者の就職援助 障害を持つ人が、一般企業に就職することは、各種の制度が充実してきたとはいえ、まだまだ厳しいものがあります。しかし、成人期の選択肢の一つとして、我々は「就職」を放棄するわけにはいきません。障害者の就職援助のノウハウを提供します。
0015 学校卒業後の進路 障害を持つ子ども達のほとんどが養護学校高等部まで進学する時代になりました。しかし、彼らの卒業後の行き先は決して十分整っているわけではありません。したがって、養護学校在学中から卒業後の生活について考えておく必要があります。このコースは障害児を持つご家族や養護学校の先生向けのものです。
0016 障害児・者家族への援助 障害児・者の生活援助は、単に障害を持つ当事者への援助にとどまりません。特に、乳幼児期、学童期は、家族支援が重要と思います。障害児・者の家族支援について、様々な角度から考えてみたいと思います。
0017 社会福祉士国家試験合格講座 障害者福祉の知識だけでは、十分な援助はできません。少なくとも、社会福祉士の資格認定に含まれる科目は学習しておきたいものです。社会福祉士の資格取得を最終目標に、がんばってみませんか。
0018 障害者のガイドヘルプ 障害者のガイドヘルプというと、視覚障害者や身体障害者のみが対象のように思われがちですが、実は知的障害者も移動については「弱者」なのです。様々な障害に応じたガイドヘルプについて具体的な方法を提供すると共に、今後のあり方について考えてみたいと思います。
0019 障害児・者施設新任職員としての必須基礎知識 一応福祉の勉強をしてこの業界に入ったもの、知的障害児・者についての基礎知識がまったくなくてどうしていいかわからない初心者マークの皆さんに必須の基礎知識を伝授します。心理編、医療編、福祉編の3コースがあります。
0020 ケアマネジメント入門 これからの支援方法の中核をなすケアマネジメントについて、その基礎を学びましょう。
0021 障害児教育担当教員のための障害者福祉入門 養護学校や障害児学級担当の先生方に、成人期の障害者福祉の現状や制度などの基礎知識を学んでもらうための講座です。
 

ご注文は

お問合せフォームよりお申し込み下さい。

ご意見・ご希望・お問い合わせはこちらから
メールマガジン 水曜倶楽部通信

最新号はこちらから

電子メールアドレス(半角)
次郎おじさんのブログ ゆうてもた。水曜倶楽部 オフ会 リンク お問合せ